Sorry, This web page is Japanese(Language) only, and We are Amateur Radio Volunteer Group.

Local Government Official Information Web site for COVID-19.

Not ”Infodemic” Keep your Health.

Multilingual (Kanagawa Prefectural)

https://www.pref.kanagawa.jp/docs/ga4/bukanshi/covid19_info.html 

やさしいにほんご(Yasashii Nihongo:Easy Japanese)/ English / 中文 (よこはまし: City Of Yokohama)

https://www.city.yokohama.lg.jp/lang/

https://yoko-covid19.com/

https://yoko-covid19.com/en

https://yoko-covid19.com/cn


「電波の利用には、原則『免許』が必要です!」

電波法令に特段の定めが無い限り、

・無線設備を操作する人は「無線従事者免許証」の所持・従事中の携帯義務

・無線設備(無線局)に対しては「無線局免許状」の交付を受ける必要があります

・海外規格のあらゆる無線設備は日本国内での使用は出来ません(原則「技術基準適合証明」

又は「『無線局の検査に合格した』無線設備」が必要です)

アマチュア無線(局)のいかなる「通信事項」もその「例外」ではありません

アマチュアバンドは、あらゆるアマチュア局が運用しています

訓練実施時は、区役所設置社団局の運用に関し

・訓練実施前に、各区運用周波数を聴取(ワッチ)し「他局が運用していないことの確認」を行いましょう

(特にコンテスト実施日はより注意が必要です)

・他局が運用していることを確認した場合のQSY(周波数の変更)方法を、

 あらかじめ各区支部員局間で情報共有しておきましょう

・区役所設置社団局に対し、訓練実施(協力会会員)局以外からの混信・干渉の申告があれば、マナーとして

 QSYする方法などを訓練実施局へ伝達しましょう

・区役所設置社団局が(混信・干渉の申告に)気づかない場合もありますので、訓練時間帯は

 当日訓練に参加していない支部員局も積極的にワッチをお願いします

・144、430MHz帯でSSTV等のFM音声モード以外の運用を行う場合には、設備が異なるバンド(1200MHz)

 を「予備・連絡用」として運用出来るようにしておくことを推奨します

ーーーーーー

総務省電波利用ホームページ

「電波監理の概況」

https://www.tele.soumu.go.jp/j/adm/monitoring/index.htm

 「アマチュア局による非常通信の考え方」

https://www.tele.soumu.go.jp/j/ref/material/amahijyo/index.htm

(横浜市ほか関東地方都県・山梨県管轄)

関東総合通信局ホームページ

「電波監視NOW」

https://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/re/kansi/kanshinow.html


各地の自然災害 また福島第一原発の事故で被災し、避難されている皆様に心よりお見舞い申し上げます。

一日も早い復興、生活の再建をお祈り致します。


(22-01-10) 2022・23(R4,R5)年度本部理事及び幹事選挙告示

2022年1月10日
横浜市アマチュア無線非常通信協力会
会長   鈴木 智夫

当協力会規約第11条1項に基づき、現任の理事および監事は
2022年総会で2年間の任期が満了となり、同総会において次期の理事
および監事が新たに選出されることになります。
つきましては、下記の通り、理事および監事の立候補を受付けますの
で、告示いたします。




1. 立候補者は、横浜市アマチュア無線非常通信協力会の会員である事。
2. 新規立候補者は、支部役員(現役支部長を除く)経験者、または支部長推薦者で電子メールが使用可能な方を希望します。
●立候補受付開始: 2022年2月1日
●立候補受付締切: 2022年2月20日

3. 立候補者は、所定の届出用紙に記入し、上記受付期間中に届くように提出先に電子メールあるいは郵送で提出して下さい

(注:メールアドレスはスパムメール防止のため、一部記載を変更していますので、修正の上送付をお願いします)。

選挙告示(PDFファイル)

立候補届(WordファイルPDFファイル


(22-01-24) 2021年度会合・行事等の実施に関するお知らせ(新型コロナウイルス感染拡大防止対策)

年度内の計画としている会合・行事等について以下の通りの措置といたします

5月23日(日) 13時~ 第1回理事会 リモート会議方式により実施(終了:議事録掲載)

8月29日(日) 10時~ 第2回理事会 リモート会議方式により実施(終了:議事録掲載)

9月26日(日) 10時~ 第3回理事会 リモート会議方式により実施(終了:議事録掲載)

11月28日(日) 10時~ 第4回理事会 リモート会議方式により実施(終了:議事録掲載)

22年1月29日(土) 10時~ 第5回理事会 リモート会議方式により実施

■規模縮小の行事

・九都県市合同防災訓練(横浜市中央会場)

11月7日に実施予定の九都県市合同防災訓練(中央会場)では、緊急事態宣言の期間延長の影響を考慮し、「一般市民等向け展示ブース」

出展の全面見直しが横浜市から通知され、当会においてもブース出展を見合わせることとなりました。

訓練実施関係者(行政機関等)に限られ、大幅に制限される見通しです。

■中止が決定した行事

・横浜防災フェア2021(展示・紹介ブース)

・横浜市役所局と各区役所局間の電波伝搬調査

年度内の他行事などについては、継続して横浜市との協議などを行い、感染防止策を講じる方向で詰めて参りますが、

やむを得ず中止や延期、規模の縮小、リモート会議等の方法での実施に代替することがあります。



(21-06-12)2021年度本部総会(開催方法変更による実施)議案賛否集約完了のご報告(総会議事録掲載)


各区支部からメールによる方法(21年度総会議決権行使書))にて、各総会議案をお諮りすることを代替実施することと致しましたところ、
日程通り、各議案賛否の集約することを完了致しました。
ご協力のほど、誠にありがとうございました。

(06-12) 21年度総会議事録及び関係資料を本webにて公開しました。右メニューの「総会」ページからご確認下さい。

神奈川県「新型コロナウイルス感染症について」

https://www.pref.kanagawa.jp/docs/ga4/bukanshi/bukan_200114.html#citizens

横浜市「新型コロナウイルス感染症に関する情報について」
https://www.city.yokohama.lg.jp/city-info/koho-kocho/koho/topics/covid-19.html

横浜市新型コロナウイルス対策会議市長コメント(最新の日付のものをご参照下さい)

https://www.city.yokohama.lg.jp/city-info/koho-kocho/koho/topics/covid-19/#8FA6C

引き続き、今後予定の諸会合や行事についても「多くの人が集まり、発言する(『三密』に該当)」会合であるため、政府及び横浜市の方針や

神奈川県を含めた九都県市(23特別区を含む)、群馬、栃木、茨城並びに近隣の静岡、山梨各県、

各地域の状況を勘案し、諸会合の時期を別途定めます(または別途郵送、Eメール、リモート会議システム等の手段で代替することも含みます)。


(20-08-16) 「防災スピーカー」設置状況について

市では全ての地域防災拠点に、「260MHz帯防災行政無線(移動系・レピータ・TDMA(時分割)デジタル方式)」の送受信機を設置していますが、

2019年度から2021年度の計画で、同システムの機能を拡張し、「J-ALERT(総務省消防庁による全国瞬時警報システム)」連動(津波対策による沿岸部や

浸水想定区域には設置済み)及び区役所、市危機管理室などから直接「放送」が行えるよう屋外防災スピーカーの設置を進めています。

これは、横浜市に割当の無い「60MHz帯同報系防災行政無線」を代替する目的で設置されているものです。

設置場所や設置が予定されている地域防災拠点等の公共施設は以下、市のリンクを参照下さい(区ごとに掲載されています)

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/bousai-kyukyu-bohan/bousai-saigai/bosai/bousaispeaker.html


(20-06-15) 新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う2020年度本部総会(開催方法変更による)成立について

 2020年本部総会に関して、郵送による開催方法を変更し、お諮り致しましたところ、ご異議なく、各支部長・評議員の過半数の皆さまの

ご協力を得て成立致しました。各区支部におかれましては、ご理解、ご協力のほどありがとうございました。

20・21年度の本部役員(所管担務)及び互選にて会長を選出し、市危機管理室からのご挨拶(文)、

提案議案に関する各区支部よりのコメントのまとめが完了致しましたのでを議事録を配布します。

「総会情報」のページからご参照下さい。

ご説明資料(PDFファイル)


(20-02-27)新型コロナウイルス対策に関して(災害が発生または発生する恐れがある場合の対応について)

新型コロナウイルス感線拡大防止対策として、政府、神奈川県、横浜市から対応策が発出されております。

仮に自然災害の発生、東海地震警戒宣言、南海トラフ地震情報が発せられた場合

・地域防災拠点は不特定多数の住民が避難または情報を求め、殺到する恐れがあります

・人から人への感染拡大防止のためには、地域防災拠点運営委員会とは
 特定小電力トランシーバ(地域防災拠点備蓄品)、デジタル簡易無線(登録局)等、連絡手段の確保が有用です

・特に基礎疾患のある方は、本当に区役所局(区災害対策本部)、地域防災拠点やいっとき避難場所(特に閉鎖空間)へおもむく必要性があるかどうか、
 区支部内の別の会員で代替出来ないか冷静に判断して下さい

・阪神淡路大震災や東日本大震災等においても「不安状況に乗じた『デマ・フェイク(嘘)情報』」(流言飛語)が流された過去があり、
 冷静な判断が出来ない状況に追い込まれてしまう事態が発生しています。
 特に現段階は「人命や健康を害する」瀬戸際の状況であり、より増幅される素地が「整っている」と言えます

・平時もですが、危機的状況に於いて「デマ情報」「発信源の分からない二次情報」に惑わされること無く、
 非常通信協力会員として冷静な判断、裏付けが取れない情報を流さない(拡散しない)心構えで引き続きお願い致します。


(18-09-11) タウンニュースにて本会活動が紹介されました

  神奈川全県市区町村・東京都多摩地区へ向けて発行されている地域情報紙の「タウンニュース」(2018年8月23日緑区版)へ、
当会会長鈴木がインタビューに応え、本会活動を紹介しました。リンクはこちらからご覧下さい
(「本会の歩み」ページにもリンクがあります)。


地域防災拠点での通信訓練へのご協力について

横浜市内地域防災拠点委員・自治会役員の方へ

各区の非常通信協力会区支部では、アマチュア無線を活用した拠点での情報受伝達訓練へのご協力を実施しています。

情報班からいただいた情報(避難者数ほか)を伝達する訓練を地域防災拠点と区役所に開設した無線局間で実施します。

訓練参加へのご希望・ご要請は、各区総務課(防災・危機管理担当)までご一報下さい。

また、今年度より各地域防災拠点に配備された特定小電力無線機(トランシーバー ※他の拠点や市・区役所との通信は出来ません)

の有効な使用方法や交信方法をお知らせすることも可能です。

区によっては当協力会区支部の役・会員が区主催の「(区内全)拠点運営委員会」に参加し、ご説明にお伺いしておりますので、

お気軽にお問い合わせ下さい。

区支部各局各位

自拠点訓練に参加はもちろんのこと、同日に多くの拠点訓練がある場合には

区役所(区災害対策本部)局の運用も経験されておけば、災害時の通信統制方法などの習得につながります。

また、東日本大震災での電話・携帯電話回線不通の例のように、非常時の無線通信に対する

関心が高まっています。地域住民の方や区役所・市職員などへの説明を実施できるように準備しておいてください。


災害情報取得手段(特定地上基幹(ラジオ)放送)

・関東広域 JOAK 594KHz:NHK第一放送 東京(送信所:埼玉県久喜市)

        JOKR 954KHz・90.5MHz:TBSラジオ(送信所:埼玉県戸田市・東京都墨田区)

        JOQR 1134KHz・91.6MHz:文化放送(送信所:埼玉県川口市・東京都墨田区)

        JOLF 1242KHz・93MHz:ニッポン放送(送信所:千葉県木更津市・東京都墨田区)

        JOAU-FM 80MHz・80.5MHz:TOKYO FM(FM東京)(送信所:東京都港区・八王子市)

       JOAV-FM 81.3MHz・88.3MHz:J-WAVE(送信所:東京都墨田区・港区)

               JOAK-FM 82.5MHz:NHK-FM放送 東京(送信所:東京都墨田区) 

       JODW-FM 89.7MHz:InterFM897(送信所:東京都墨田区)

・神奈川県域 JORF 1422KHz・92.4MHz:アール・エフ・ラジオ日本(送信所:川崎市・鶴見区三ツ池公園)

         JOGP-FM 81.9MHz:NHK-FM放送 横浜放送局(独自情報発信可能)(送信所:磯子区)

         JOTU-FM 84.7MHz・87MHz:FM yokohama(横浜FM放送)(送信所:秦野市・磯子区)

・市内コミュニティFM放送 JOZZ3BE-FM 84.1MHz:FMサルース(送信所:青葉区)

                JOZZ3BQ-FM 83.7MHz:FM戸塚(送信所:戸塚区)

                JOZZ3CO-FM 86.1MHz:横浜マリン放送(送信所:中区)